うちの元気な義理両親は、野菜作りが趣味。

75歳になる義父が定年退職してから、親から相続した土地で、野菜を作り始めたらしい。

始めは、全然うまくいかなくて、大根は曲がるし、人参は小さいものばかりだった。
そこで、近所の農家にアドバイスを求め、最近は、売り物になるような野菜ばかりを送ってくれる。


この季節になると、主に、ほうれん草や小松菜などの葉物野菜や白菜、キャベツが送られてくる。
ほうれん草などは、さっと茹でて、冷凍しておく。

白菜やキャベツは、まるごとだと、外に置いておいてもしばらくは大丈夫だけど、鍋以外になかなか使い道が無い。
この寒さのおかげで、冷蔵庫に入れず、ベランダの木陰に新聞紙に包んで置いてあるけど、どうしたものかな。

Comments are closed.